脇腹から内視鏡で手術するXLIFは経験豊富なドクターへ

診断

トータルサポートが重要

増える患者数

膝をおさえる人

東京都世田谷区などの比較的都心部にある地域だけでなく全国にはリウマチ科を掲げる病院は少なくありません。リウマチは自己免疫に関する病気です。その発症は老若男女問わずに起こりえるとされています。症状は人により様々ですが、関節の痛みや変形などが典型的な症状となります。リウマチの診断にはいくつかの方法が用いられます。中でも1番正確な診断を得られるのは、血液検査です。リウマチに関する特定の検査項目において基準値を上回る数値が見られ、さらに特徴的な関節症状などとも合わせ、リウマチと診断されることが多くあります。検査が簡単になりその診断基準も明確になったことから明らかな自覚症状が出る前に診断されるケースも増えている為、患者数は世田谷区など地域を限定せず、全国的に増加傾向にあります。

各診療科の連携

リウマチは昔は不治の病と言われた時代もあります。しかし、近年では飛躍的な医学の進歩とともにリウマチの研究も進んでいます。そのため様々な症状の進行遅らせたり押さえたりするための薬も出てきています。また、関節症状に対するリハビリも症状を悪化させないための重要な治療の1つとなります。世田谷区をはじめとする全国の専門医療機関では、薬剤による病気のコントロールだけでなく、症状を緩和し快適に日常生活が送れるようにする為のリハビリにも重点を置いています。もしも症状がひどく関節の変形などが進んでしまった場合には外科的な手術による処置を行うこともあります。そういった場合も含め、様々な症状を示すリウマチには世田谷区などの地域にかかわらず、どの医療機関においても、複数の診療科が連携して治療に当たることが大切です。

Copyright © 2015 脇腹から内視鏡で手術するXLIFは経験豊富なドクターへ All Rights Reserved.