脇腹から内視鏡で手術するXLIFは経験豊富なドクターへ

医者

負担の軽い脱腸の治療法

腰をおさえる男性

脱腸とも呼ばれる鼠径ヘルニアは、腸などが筋膜の隙間から外へはみ出す病気です。鼠径ヘルニアを治す唯一の方法は手術です。かつての手術は筋膜の隙間を縫い合わせていたため術後の痛みも残りました。現在ではメッシュで穴を塞ぐ方法により、痛みも少なくなっています。日帰りできる全身麻酔手術は特に人気があります。

いろいろあります

病室

かかりつけの病院がないのであれば、インターネットに載っている口コミを参考にしてみると良いです。サイトによっては、ちゃんと内容を確認した上で掲載していたり、そもそも嘘を書く理由はないため、読んでおく価値は十分にあります。

新しい椎間板の手術法

XLIFなどの脊椎疾患を治療したいのであれば、実績豊富な病院を選びましょう。こちらのサイトでおすすめの病院がまとめられています。

脇腹から内視鏡で手術

横になる女性

腰骨が曲がったり損傷したりして、しびれや痛みが強く現れたとき、コルセットの装着やブロック注射でも治らなければ、手術を行なうことがあります。その方法のひとつにXLIFがあります。従来の椎間板の手術は、背中や腹を切り開く必要がありました。XLIFは脇腹に3cmほどの穴を2か所開け、内視鏡を使って手術するのが大きな特徴です。XLIFは日本では2013年に承認された、比較的新しい手術方法です。高度な技術力が求められ、専門のトレーニングを受けた医師と、専用の装置がなければ実施できないとされています。そのため取り扱っている医療機関は多くはありませんが、日本でも幾つかの病院に経験豊富なドクターが在籍しています。

早期の社会復帰が可能

XLIFの手術では小さな穴から患部を切除し、人工骨を移植します。その後ボルトを何本か入れて背骨を固定し、曲がった腰骨を矯正します。神経には触れずに患部を取り除くので、安全性が高い手術とされています。XLIFは従来の手術に比べると、傷口が格段に小さくなるため、出血や痛みが少なく、治りも早いという特徴があります。従来は手術後に安静期間が必要で、退院まで1か月ほどかかりましたが、XLIFでは手術の翌日からコルセットをつけて歩くことができ、入院期間も半分以下で済みます。以後は定期的に検診を受け、状態を見ながら社会復帰していくことになります。患者の体への負担が小さく、長期療養の必要も少ないことがメリットです。

トータルサポートが重要

膝をおさえる人

近年、検査方法が簡単になり診断基準も明確化したことから、リウマチの診断を受ける人は増えています。世田谷区など多くの医療機関でリウマチを診察する病院は増えていますが、投薬だけでなく、リハビリや外科的処置等も考えられるため、複数の診療科が連携を密にして診療にあたることが大切です。

Copyright © 2015 脇腹から内視鏡で手術するXLIFは経験豊富なドクターへ All Rights Reserved.